ミツバチとスズメバチ駆除について

お知らせ

6月も半ばになり気温上昇につき沢山の蜂駆除のご依頼のお電話を頂き感謝です

最近は高額請求をされたニュースもあり

危険と煽られて大金を請求されるんじゃないか?と警戒しておられるお客様は多いです

そこで

「ミツバチとスズメバチ駆除」の請求金が高額になりやすいのか?

今回は少し深掘り致します。

※センシティブな画像がありますので苦手な方はご遠慮ください。

ミツバチ駆除について

代表も流石に句します。


ミツバチが家屋の屋根裏・壁の内側に巣を作ってしまうと外敵も侵入しづらく温暖な環境が整っていて数千〜数万匹に繁殖してしまうケースは稀ではありません。

この場合

薬剤の量はアシナガバチ等で使用する薬剤の何倍も使用します

※もちろん市販品ではなく業務用駆除剤です

この写真の場合のご請求は

作業内容は巣の撤去+薬剤散布ですが

屋根裏に登っての密室の危険な作業となりますし

同じスキル・知識を持つ補佐がつけて作業を行わなければとても撤去はできません

※この時蜂の巣の重さ15kg

ですから金額は


基本料金33,000円(駆除施工+防除施工+冬までのアフターフォロー)

補助員11,000円

44,000円となります。

必ずしも補助員がいるわけではありませんしこのケースが全ての作業においての参考金額になるわけではありませんが

基本料金33,000円以下になることはほぼありません。

スズメバチ駆除について

スズメバチは大小関係なく危険


一番高額請求をされやすい蜂ではありますが

スズメバチが高額になるのは猛毒や高所作業といった危険をはらんでいるからです

薬剤の使用量はミツバチほどではありませんが、危険性が高いので装備品の点数が多く

最悪の場合は高所作業車の必要があります

ですが一般的に多い作業内容として

上げ裏に作られてしまうケース


この場合は

基本駆除料金33,000円(駆除施工+防除施工+冬までのアフターフォロー)

スズメバチミツバチも同様ですが

補助員が必要な場合はこれに11,000円加算されていきます。

ミツバチ駆除でも書きましたが、基本料金以下になる場合はほぼありません。

さらに特殊な場合


代表が作業不可能と判断する以外では

壁や屋根裏に人が入れないケースは解体する必要があり、解体代はできればサービスしてあげたいところですが、天井高がある場合はやはり高所作業の費用が上乗せされます。

ちなみに

弊社は解体はしても大工作業は致しませんので、大工費用+材料代は別途かかります。

まとめ


今回この記事を書いたのは金額の開示です。

金額が高いと感じるか安いと感じるかはお客様の判断になります

ですから

弊社は正直にありたい


ご相談で弊社にご相談された事例を書きます

インターネットのスポンサーサイトから蜂駆除をある業者に依頼し

基本料金3,000円〜と書いてありましたが、出張料・蜂の量・技能量なとetc…

つけて100,000円のご請求だったそうです。

※去年は33万円ご請求された事例もありました

そこで弊社は

正直

現場に向かうには車が必要

駆除するには自らの身を守る防護服が必要

死滅と巣を作られづらくする薬剤が必要

効率よく作業を行う為の道具が必要

高所作業には足場が必要

重作業だと補助員が必要

最新の知識と技術が必要

それを計算しての金額とさせていただいております

サンビレッジは可能な限りアフターフォローがないように施工しお客様の一助となれるよう今後も尽力していきたいと思っておりますのでご理解いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました